2016年に芥川賞を受賞した村田沙耶香著「コンビニ人間」。長年ミステリー小説や警察小説に固執して読み続けていた私にとって、久しぶりに目から鱗の小説となりました。 また文庫本派の私が、わざわざなぜ単行本を買って読んだのか?書評によれば、村田氏は、作家仲間には、クレイジー沙耶香と呼ばれており、そのクレイジーさを知りたかったという事も一つの理由... Read More