私は森見登美彦の小説「夜行」を読みました。新聞にある話題の書籍を紹介するコーナーでこの本が紹介されていたので、読んでみたいと思い購入しました。  主人公の男性は英会話スクールの仲間4人と一緒に鞍馬の火祭に出掛けます。彼らと京都で合流したときに、主人公も彼らも昔のことを思い出していました。実は十年前、その仲間のもう一人の女性が鞍馬の火祭の夜... Read More