灰色のシンデレラを初めて読んだのは、近年出版された「珠玉の名作アンソロジー6」の、名香智子先生の作品が目に留まったからです。この作品が出来たのは、24年前の事ですが、当時の男女間に於ける心理は現代でも全く変わっていません。 坂巻志麻は、地味で一見群衆の中に居ても誰も気が付かない様な雰囲気の女性ですが、ある日弟が交通事故で多額の賠償金を支払... Read More