ゴールデンカムイは主人公の絆が熱い!!

私が紹介するのは大人気漫画ゴールデンカムイです。
2018年8月時点で累計発行部数800万部を突破しているとても人気な漫画で、秋からはアニメの二期がはじまります。
ストーリーとしては、金塊を探すため手がかりとなる刺青人皮を訳ありな男たちが奪い合うという血生臭いものですが、ギャグあり、シリアスあり、ドキドキなラブロマンス(?)ありのドタバタ漫画です。
私がおすすめするのは、主人公の杉元佐一とその相棒のアシリパさんのなんともいえない固い絆です!
アシリパさん(杉元がそう言うのであえてさんづけします)は、アイヌの女の子で年は12才くらい、狩猟がとても上手でヒグマも弓で仕留める腕前の持ち主です。
そんな賢く勇敢なアシリパさんですが、5年前に父が何者かに殺されてしまい、明るく朗らかなだった性格も影をひそめ、落ち込んでしまいました。
そこに現れたのが不死身の男、杉元佐一です。杉元のヒグマに恐れず立ち向かう勇敢な姿とアリシパさんが作ったアイヌ料理をヒンナヒンナ(美味しいという意味)する姿を見て、アリシパさんの凍っていた心が溶け、元気で聡明な本来の姿を取り戻したのです。
杉元はアシリパさんの狩猟やアイヌ料理の知識の深さに尊敬を覚え、とても大切な人として年齢を気にせず頼りにしています。
しかしアシリパさんは杉元に対して父親のようなお兄さんのような弟分のような、いや淡い恋心を抱いているような複雑な気持ちで側にいます。
そのやきもきしている姿がたまらなくかわいいのです。
そんな二人が仲良く狸やリスを捕まえて料理して食べている姿はとてもほっこりしますし、刺青人皮を奪うために二人で共闘する姿はとても見物です。でもアシリパさんの恋心を杉元は気づいていないのです。
これ以上はネタバレになりますから言えませんが、杉元には杉元の事情があるのです。
他にも鶴見中尉や尾形百之助など魅力的な人物がたくさん出てきますので、ぜひとも読んでみてください。